次世代型とかガロンボトル式ウォーターサーバーって本当に安全?

そもそも日本のウォーターサーバー(本体)って海外からの輸入に頼っているそうです。国産で開発・製造しているのは、『Mizの樹』ぐらいですからね!だから『Mizの樹』の場合、ウォーターサーバー1台1台に飲料水試験・一般細菌試験適合の検査結果書が付いてくるわけですが・・・

他のウォーターサーバーの場合、お願いしても一般細菌試験適合の検査結果書なんて出ないなんて話です。たぶん検査自体はしていると思いますが、結果が芳しくないのかもしれませんね・・・

今あるウォーターサーバーの多くは、細菌や有害物質などが溜まりやすい構造といわれます。ガロンボトル式ウォーターサーバーも給水時にボトル内に入る空気を抗菌パックとかフィルターで排除して、衛生面をPRしています。ただ年1回の定期メンテナンスを必須にしていますね!

逆に次世代型ウォーターサーバーと採用しているワンウェイウォーター 口コミオーケンウォーター 口コミの場合、無菌エアーシステムをPRしています。次世代型ウォーターサーバーは、ガロンボトル式とは異なり、PET樹脂のボトルを使用し、給水時にボトル内に空気が入らないようにしています。

ただ、ウォーターサーバーの構造上、サーバー内部にタンクを設けていて、そこに水を貯めて使うわけです。このタンクに貯める際に空気も混入するのですが、その際に細菌やカビ菌などが混入しないように無菌エアーシステムを使って除菌しているわけです。水の劣化は、空気に触れることからはじまるので、この辺は気を使った設計にしているわけですね!

ただ細かいことをいえば、一般的なウォーターサーバーで細菌や有害物質が溜まりやすい場所は、ボトルの差込口(差し込み棒)や、サーバー内のタンクの底といわれています。そのため、本来はガロンボトル式ウォーターサーバーのように年1回ぐらいの定期メンテナンスを必死にした方が安全をPRするには良いように思います。次世代型ウォーターサーバーは、簡易メンテだけで良いといわれていますが、本当に安全なのかというと、少し不安もありますよね!
posted by フレシャス at 10:00 | ウォーターサーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜウォーターサーバーは、飲料水試験の一般細菌試験の検査結果を出さないのか?

最近のウォーターサーバーは、次世代型クリーンエアシステムとか無菌エアーシステムなんて衛生面をPRすることが多いのです。さらに天然水なら採水地(RO水の場合はプラント工場)の放射性物質の検査などを毎月、もしくは数ヶ月に1回の割合で実施しています。しかし、ウォーターサーバーから出る水の検査ってないですよね!要は、飲料水試験・一般細菌試験適合の検査をしない(できない?)わけです。本来は、一般細菌試験適合の検査結果こそ『水の安全』をPRできる、目に見える安全だと思っています。

今のウォーターサーバーの中では、この一般細菌試験適合の検査結果書が出てくるのは、たぶんMizの樹 口コミだけです。Mizの樹のウォーターサーバーは、国内で開発・製造しているのと、今あるウォーターサバーの矛盾(特に衛生面に関する部分)を改良しているのがポイント!かなり、コダワリのウォーターサーバー本体なわけです!

他のウォーターサーバー、例えばクリクラ 口コミアクアクララ 口コミコスモウォーター 口コミフレシャス 口コミなどは、一般細菌試験適合の検査結果書が無い(出してくれない?)感じです。

そもそも標準的なウォーターサーバー本体は、日本だと海外からの輸入に頼っているのが現実!特にボトル型ウォーターサーバーは、ボトルの差込口から細菌や有害物質が汚染しやすい構造みたいですね。だから定期メンテナンスとか必須なわけです。次世代型ウォーターサバーにしても、ボトル取り付け口に細菌が付着したり蓄積しやすい傾向があるようですからね!ウォーターサーバーの安全を考えると、色々問題があるようです。本当に水の安全を考慮するならMizの樹ぐらいにこだわったウォーターサーバーが良いかもしれませんね!
posted by フレシャス at 21:28 | ウォーターサーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水の安全性を考えればウォーターサーバー!ペットボトルの水から硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)が検出されることも!

国内外のペットボトル水が多くなりましたが、その安全性となるとイマイチ微妙なところがあるようですね。それは、以前報道されたこともあるペットボトルの水から硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)が検出されたという報道です。そもそも硝酸態窒素というのは、体内で亜硝酸態窒素に還元されて、他の物質と結合すると発ガン性物質が生じると指摘されている物質のことです。健康や美容目的でペットボトルを購入している方も多いのですが、意外と安全性となると疑問があるのかもしれません。しかも外国産や国内産のペットボトル水で硝酸態窒素が検出されているようですから・・・国内産なら安全性が高いという考えは捨てた方が良いかもしれませんね!ちなみに天然水フレシャスでは、硝酸態窒素が検出されていないわけですが、他のウォーターサーバーの中にはこの物質が検出されることがあるなんて話もあります。水の安全性って意外と深刻な問題かもしれませんね!
posted by フレシャス at 15:10 | フレシャス 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォーターサーバー本体の安全性を考える!

ウォーターサーバーを選ぶ場合、やはりウォーターサーバー本体にも注目する必要があります。それは、ウォーターサーバー本来が雑菌や細菌の繁殖場所になってしまうことがあるからです。例えばガロンボトルのタイプでは、給水時に空気がボトル内に混入しますが、実はこの時に雑菌や細菌・カビ菌などが混入してしまうこともあるそうです。だから最近のウォーターサーバーには、無菌エアレスパックとか無菌エアーシステムなんてタイプがあります。フレシャス 口コミをチェックしていても、無菌エアレスパックなので細菌などに対する安全性を評価している意見も多いです。やはりこれからのウォーターサーバー選びは、本体の細菌に対する安全性から選ぶことも必要かもしれませんね!
posted by フレシャス at 14:04 | ウォーターサーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレシャスは赤ちゃんの粉ミルク用(乳児用ミルク)の水として使っても大丈夫?

よく赤ちゃんの粉ミルクの水は、ミネラルウォーターではいけませんと言われます。これは、粉ミルクに含まれるミネラル成分に、ミネラルウォーターに含まれるミネラルが加わることでミネラル・バランスが崩れるためとされています。

また粉ミルクは、水道水を沸騰させて作ることを前提にしている製品がほとんどだったりします。だから、今回の地震で原発事故が発生し、水道水から放射性物質(ヨウ素、セシウム)が検出された時は、皆さん慌ててしまったわけです。結局、良くないと知りながらもペットボトルのミネラルウォーターを買い占めることになったのです。

ただミネラルが多いと赤ちゃんの負担になると言われていますが、どの程度負担になるのか気になります。そこで注目されるのがウォーターサーバーなわけです。

例えばフレシャスは、軟水の中でも特に身体にやさしい超軟水(21度)とされ、赤ちゃんの粉ミルク用の水に使っても問題ないとされています。そもそも赤ちゃんに良くないミネラルウォーターは硬水みたいですからね。フレシャスは、その点は特に問題ないそうです。
posted by フレシャス at 15:43 | フレシャス 赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
seo great banner
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。